老人性疣贅なのかメラノーマなのか?大切なのは早期診断

 

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)だと思っていたらメラノーマだった。

 

非常に危険な病気であるメラノーマと

老人税疣贅を勘違いしてしまうようなことは、

あってはならないことだといっていいでしょう。

 

それくらい恐ろしいことであると思ってまちがいありません。

 

しかし、老人性疣贅とメラノーマは、

時に見た目がよく似ていて、見分けが付かないことがあるのです。

 

まさに素人判断の恐ろしさですが、

まさか自分はそんなことにはならないと誰もが思ってしまうものです。

 

どんな場合も大切なのは早期診断です。

 

おかしいと思ったら、まずは皮膚科を受診してみるのが一番です。

 

皮膚科を受診することを大前提として、

ここでは老人性疣贅とは何か、

 

そして、メラノーマとは何か、

基礎知識をお話ししていきたいと思います。

 

 

 

メラノーマは非常に悪性の強い皮膚癌の一種

 

まず、メラノーマについてです。

 

メラノーマとは悪性黒色腫というもので、

非常に悪性の強い皮膚がんの一種です。

 

一般的には「ほくろの癌」というように受け止められています。

 

つまり、ほくろがそのまま癌だった

(癌になった)というように受け止めていいでしょう。

 

皮膚のメラニンという色素をつくる

色素細胞「メラノサイト」が

何らかの原因で癌化した腫瘍と考えられています。

 

老人性疣贅は茶褐色や黒褐色をしていて、

時にシミやほくろに見えることもあります。

 

だから、うっかりするとメラノーマと間違えてしまうのですね。

 

メラノーマができやすい場所としては以下の4ヶ所です。

 

①足の裏や手のひら、手足の爪の部分

②胸、腹、背中など体の中心部や手足の付け根

③とくに部位は関係なく、結節のようなガン細胞の塊がだんだん大きくなっていく

④主として高齢者の顔面に発生しやすく、不規則な形のシミが徐々に拡大していく

 

いかがでしょう。

 

これでは通常のほくろと区別が付かないですね。

 

ほくろやシミと区別するとすれば、

以下のような特徴があるかどうかを見極めます。

 

①シミやほくろの形が左右対象になっていない

②まわりがぎざぎざしている

③色が均一でなく、濃淡がある

④直径が6ミリ以上ある

 

メラノーマにはこのような特徴があるのですが、これもわかりにくく、

やはり老人性疣贅と勘違いしてしまう可能性は否定できません。

 

はじめにメラノーマとは悪性の

非常に強い皮膚がんの一種だと述べました。

 

進行が非常に早く、しかも転移しやすいのが特徴です。

 

気づいたときにはかなり病状が

進行してしまっているケースが少なくありません。

 

こうした特徴を見るかぎりでは、

老人性疣贅どころか普通のほくろやシミだと思って

 

放置してしまいそうな気がしますが、

それを防ぐためには定期的に癌検診を受けるなどといった対策が必要でしょう。

 

 

 

老人性疣贅は加齢が原因でできる良性のイボ

 

では、老人性疣贅とはどのようなものなのでしょうか。

 

老人性疣贅は良性のイボの一種です。

 

「老人性イボ」「老人性角質粒」などとも称されています。

 

良性なので放置しても、

それ以上の悪影響を身体にあたえることはありません。

 

 

ただ、だんだんと増えていく傾向にあり、

たとえ良性であったとしても、見た目ということを考えると、

かなり悪影響を及ぼしてしまうといっていいでしょう。

 

 

「老人性」という言葉が表すとおり、

老人性疣贅の最たる原因は加齢にあります。

 

 

老人性疣贅ができはじめる年代は

一般的に30代を過ぎるころからで、

年代があがるほど、できる確率は増えていきます。

 

 

肌の生まれ変わりであるターンオーバーは

20代をピークとして、サイクルがだんだんと低下していきます。

 

 

若いときは夏に日焼けしても、

冬には元通り色白の肌に戻っていたのに、

 

 

30代を過ぎる頃から日焼け後が

残るようになったと感じている人は少なくないでしょう。

 

これがターンオーバーサイクルが

乱れていることの証拠でもあります。

 

 

肌の表面は角質層といいますが、

この角質層は定期的に垢となって剥がれ落ちて行き、

あらたにみずみずお肌が表面を覆います。

 

ところがターンオーバーが乱れると、

垢となって剥がれるはずの古い角質が、そのまま残ってしまいます。

 

残った古い角質がだんだんと

集まっていって突起となったのが老人性疣贅なのです。

 

色は茶褐色から黒褐色で、

大きさは2ミリくらいの小さなものから

5ミリ以上もある大きなものまであります。

 

できやすい場所は、顔、首、首元、脇など。

 

紫外線や衣類の刺激に弱い、

肌の敏感なところにできるということです。

 

メラノーマのできやすい場所が、足の裏や手のひら、

手足の爪の部分であると同時に、

 

高齢者の顔にもできやすいことを思えば、

やはり混同してしまうそうな気がします。

 

皮膚科で診断してもらった後は、

そのまま治療へと移行することももちろんできます。

 

皮膚科での治療は主に

①ハサミやメスで切り取る方法

②液体窒素を使う方法

③レーザー治療

の3つです。

このうち③のレーザー治療については、

保険対象外となるので治療費がそれなりかかってきます。

 

また、いずれも対症療法なので、

跡が残る可能性が完全には否めないのと、

再発することも考えられます。

 

 >>老人性イボを改善する専用ジェルはコチラ♪

 

 

 

おだやかなアプローチで老人性疣贅を改善

 

イボの治療にはヨクイニンが昔から使われてきましたが、

ヨクイニンを服用して、

だんだんと老人性疣贅を改善させていく手段もあります。

ヨクイニンとはハトムギエキスのことで、

原料は広く知られているハトムギです。

ですから、普段から日常生活の中で

ハトムギ茶などを服用していくのも良いかも知れませんね。

近年は天然成分や昔ながらの

自然療法が見直される傾向にあり、

 

ハトムギもローションや洗顔料など

スキンケアを中心に取り入れられるようになってきました。

そうした中で注目したいのが

老人性疣贅の改善を目的とした化粧品の登場です。

 

ハトムギエキスに加え、

角質をやわらかくして肌をなめらかにする効果の期待できる

 

「あんずエキス」を使用したものもあり、

その効果にはそれなりに期待ができそうです。

薬と異なり、効果がおだやかな分、

結果が出るまでにはそれなり時間がかかるかも知れません。

しかし、痛みや不快感をこらえて、

しかも跡に残るようなリスクを抱えたうえで

 

治療することを思えば、毎日のスキンケアで気軽に続けていき、

いつの間にか気がついたらきれいになっていた、

というのはとても自然で

負担の少ない改善法であるのは確かです。

歯科検診などと同じように、

皮膚科も定期的に受診して、

 

老人性疣贅かメラノーマか、

あるいは他に何か問題はないか確認して置いた上で、

 

仮に老人性疣贅であるのなら、

このような化粧品を使ってみるのも

ひとつの手段と言えるのではないでしょうか。

 

また、皮膚は内臓の鏡とも言われていますが、

生活習慣がそのまま正直に現れていると考えて良いでしょう。

 

老人性疣贅は加齢による

ターンオーバーの乱れが主な原因ですが、

まったくの不可抗力というわけでもありません。

 

生活習慣次第で、

ターンオーバーのサイクルを安定させることもできるのです。

さらにいえば、癌もやはり生活習慣によるところがあります。

 

普段から栄養バランスの取れた食事を心懸けること、

昨今の紫外線はあまりにも強烈になっているので、

 

きちんと紫外線対策をすること、お肌に負担のかからない

天然繊維の衣類をできるだけ選ぶこと。

 

こうした地道なことを積み重ねることによって、

案外、お肌の老化や病気は遠ざけていくことができるものです。

 

歳を重ねても、それなりきれいなお肌でいるためには皮膚科と仲良くなって、

さらに普段の日常生活に工夫をしていく必要があるというわけですね。

 

 >>老人性イボを改善する専用ジェルはコチラ♪